住宅ローン以外について

グルメ情報とスカパラ > 地域情報 > 住宅ローン以外について

住宅ローン以外について

2014年8月 7日(木曜日) テーマ:地域情報

特定調停という手段も任意整理による解決と似ていてそれぞれ債権者へ債務の返済を行うことを前置きとした債務を整理する方法になります。

 

他の表現でいうなら裁判所が間に入る借金整理と考えればいいでしょう。

 

特定調停という方法も任意整理と同じように破産手続きと異なりある部分のみの借金だけを整理していくことになりますので、他に保証人がいる借入金を除いて処理する時や住宅ローン以外について手続きをしたい場合などにおいてでも検討することも可能ですし、資産を手放すことは必要とされていないのでマンションなどの資産を所有しているものの、処分したくない状況においても活用できる債務整理の手順になるでしょう。

 

いっぽうで、これからの返済額と実際として可能な手取り額を検討し、だいたい返済の計画が立つようであればこの手続きで進めることが可能ですが、自己破産と違って負債自体がなくなるということではありませんので、借りている量がかなりある状況の場合、現実には特定調停による手続きを進めることは困難であるということになるでしょう。

 

さらに、この手順は公の機関が間に入るため司法書士等に見てもらわなくてもリスクが増える心配はないという点とか、処理のためのお金をおさえられるという益は注目できますが債権者それぞれのわずらわしい取り立てに対し処理していくことになることや、所定の裁判所に何回か出頭することになるなどといったデメリットもあります。

http://maruta.be/mpsbqb

さらには、任意整理との比較点ですが、この方法により同意に達しない場合は金利をすべて含めた計画で返していく必要があるということや結果としてはお金の貸し手に対し返す総額が任意整理による手続きと比べて高くなる傾向がみられるなどの点もあります。